病院(医療機関)の 経営戦略、増患対策をサポート。広報・広告専門経営コンサルタントがお届けする口コミ創出情報。
病院(医療機関)の 経営戦略、増患対策をサポート。広報・広告専門の経営コンサルタントがお届けする口コミ創出情報。
メディカル広報センター
 
医業広報のヒント
メールセミナー

医療機関における広報の基本、口コミがおこるためのツボを5回にわたってお送りします。(登録無料)

お名前

メールアドレス

 
トップページ
当社の基本方針
口コミ戦略
実践広報マニュアル
ホームページ戦略
ガイドブック戦略
マスコミ活用
デザイン戦略
制作実績・料金
会社案内
代表者プロフィール
講演・取材依頼
医業PRブログ
リンク集
お問い合わせ

医療機関の
口コミ増殖大作戦

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます

めろんぱん

E-mail


●個人情報保護方針
●特定商取引法について

 


皆さんこんにちは!医療機関の口コミ創出クリエーター・四元重美(よつもとしげみ)です。

「口コミ創出クリエーター?」

「何やのそれ…」

と思われた方もあるでしょう。だいいちこうして名乗ってる人なんてほとんどいませんからね・・・

私はもともと独立する前は広告会社の営業をしておりました。バスや電車内の広告、あるいは停留所看板の広告を募集したり、あるいは出版物の発行に合わせて広告を獲得したりする仕事ですね。

私はその仕事に4年間携わりました。(その前はスーパーマーケットの宣伝部に4年)最初の頃は何の疑問も持たず一生懸命仕事をしていたのですが、途中からどうもこの仕事には「夢がないな!」と感じるようになりました。

それは、広告代理店と口では言いながらやってることは単なる広告枠の販売、媒体売り屋だったんです。

広告代理店って今どきの若者が真っ先に憧れる仕事じゃないですか。

「エッヘン、俺は広告代理店に勤務してるんだぞ」

「きゃーステキ!そんな彼氏が欲しい……」

女の子にそう言われたくて就職したのに現実は・・・・・。

来る日も来る日も黒いカバン持って飛び込み営業の連続。

お客から軽くあしらわれる、二度と来るなと怒鳴られるとさんざん。

またこんなこともありました。

繁華街の中にあるビルの事務所に飛び込んだときのこと。

一生懸命商品の説明をしていたのですが相手があまり乗り気ではない様子。でも「ここで粘らなきゃ男がすたる」と気合いを入れ直しつつ必死に食い下がっていたら、奥からサングラスを掛けたでかい図体の男がニョキッと現れ

「いらんもんはいらんと言うてるやろ、早う帰らんとどつくぞ!」

と恐喝されました。何とそこはその筋の恐ーい (^_^;) 会社だったのです。その時は営業マンの悲哀を感じましたね。

それからです。私がコンサル志向になったのは……

その広告代理店は、結構医療機関との取引が多い会社でした。私もいろんな医療機関を訪問していましたが、その広告媒体を提供していても果 たしてそれで効果があったのか、お客様は満足されたのかその成果 が目に見えないのです。

成果が目に見えない、お客様に喜ばれているのかどうかわからないというのは空しいものです。病院の先生方だって、自分が心血注いで面 倒見てあげた患者さんが治らなければどこか空虚感が漂いますよね。

私が扱ってたその広告は病院名と住所、電話が書いてあるだけのイメージ広告でした。だから効果 がないのは当たり前ですよね。(ほとんどの病院さんが出しておられる屋外広告は依然としてこの効果のないイメージ広告がいまだに中心ですが……)

それからお客様に提供するものは効果がなければ意味がない、成果がなければ意味がない、と考えるようになりました。

それが今の私の原点になっています。確かに私が扱っているものは「ホームページ」や「パンフレット」「屋外看板」「広報誌」というモノではあります。

しかし、このモノという存在は魂を吹き込まないとまったく力を発揮してくれません

ただ漫然と作っただけでは捨て金になるだけ

なんですね。こうした広報ツールを作るうえで大切なことは、根っこの経営戦略、他者との差別化(個性化)戦略が必要ということです。

ホームページやパンフレットを作るのが先にあるのではなく、

「口コミになるような要素をどう作っていくか」

「職員の接遇をどう高めていくか」

「自院のもっとも得意とする分野をどう打ち出すか」

「メディアとメディアをどう組み合わせていくか」

いわゆる設計部分に該当することを決め、それをホームページやパンフレットで表現するのです。

家づくりでも同じことですよね。設計図無しにいきなり大工さんが家を作りはじめたらどうなります?とても住めたもんじゃないですね。だからこそ、広報・広告の設計が必要なんです。

「でも、そんなこと言ったってうちみたいな小さなクリニックじゃ差別化するほどの要素もないよ」

その疑問もわかります。

確かに小さな診療所クラスでは医療機器も設備もスタッフ数も限りがあります。しかし、実は「口コミ」というのは医療技術や設備、規模の大きさからしか起きない、ということはないのです。

むしろ、どこのクリニックでも、小さな会社でもほんの些細な出来事やスタッフの応対で地域に圧倒的に支持される「口コミ」を創出することは出来るのです。

漫然と広報ツールを作っていたのでは成果は出ない

私は、そのことに気づいてから、とにかく結果 の出る、成果の見える広告、広報代理店になろうと決め、それを皆さん方により早く、より正確にわかっていただくために「医療機関の口コミ創出クリエーター」を名乗ることに決めました。

いま社会は急速な情報社会の進歩により、社会の仕組みあるいはお客の価値観、行動パターンが大きく変わってきています。

一つだけ事例をあげます。

“お客は、口コミで病医院の評判を聞いて決定する”これは紛れもない事実ですが、受診までの間にワンクッション置くようになってきました。それは、

調査するという行動

です。いま社会には「欠陥マンション」「欠陥住宅」「粗悪健康食品」など私たち人間に害を及ぼす劣悪な商品が出回ったりしています。こうしたババを掴まされないために人間はみな慎重になっているんですね。

このことはそっくり病院にも当てはまります。

「適切な病院を選んで早く治したい・・・」

「変な医者にかかって失敗したくない・・・」

「相性の悪い病院にかかってイヤな思いをしたくない・・・」

こうしたことが患者側の根底にあります。だから情報を収集するのです。

このように、何をするにも慎重になってきた現代人にどうアピールするかが重要なのですが、その方法はただ一つ

正確な情報を真摯に継続して発信する

ということです。その核になるのが広報・広告戦略だと私は思っています。

先生方が広報や広告あるいは経営戦略について解決したい課題がおありなら、一度ご相談下さい。先生方の身になって真摯に対応させていただきます。

弊社への問い合わせはこちら


あ、そうそう。もう一つ言いたいことを忘れていました。
私がなぜ「医療機関」にこだわるのかという理由

私は「自己啓発」「無限の可能性への挑戦」「積極的生き方」「超楽天的に生きる」「心と体は一つ」というモットーがあります。中でも「心と体は一つ」ということにこだわっています。

私の妻は「ATL(成人T細胞白血病)」という病原体を抱えています。この病気は身体の免疫システムが破壊されるエイズによく似た病気ですが、現在ではまだ発症はしてません。でもいつ発症するかわからないと言う危険性と隣り合わせの毎日ですが、ドクターから宣言されてもう17年の月日が経ちました。

私の妻はこの病気に対してあくまでも積極前向きに捉えています。最初からずっとです。

「クヨクヨ考えたって仕方ないじゃない!」

「来るときは来るんだから、それまでは少なくとも健康でいられるんだから精一杯今を楽しむだけよ!」

と言っています。だから病気も寄りつかないのではないかと思うのです。この妻の姿を見ていて「人間やっぱり気持なんだな」とつくづく感じます。

「心と体の融合」

実はこのテーマの最前線にいらっしゃるのがドクターの皆さんです。今医療費の膨張に伴い国は「治療」から「予防」へ少しずつシフトしてきています。

「できれば病気にならない方が良い」

これは当たり前のことですね。でも、運悪く病気になってしまってもなるだけ早く治るように心と体の両面 からアプローチしていただくドクターが増えてくれば、患者さんは圧倒的にその病院、医院を支持するだろうなと思うのです。

だからこそ、そのような想い、行動、方針をとられる医療機関、ドクターであればあるほど地域や患者にそのことを正しく伝える必要性が出てきます。患者さんは待っています。そこで私の出番です。

一人でも元気に有意義に人生を送って欲しい、心豊かに毎日を過ごして欲しい。そう願うからこそ私は医療機関のお手伝いにこだわるのです。

四元重美(よつもと・しげみ) のプロフィール

1954年鹿児島県生まれ。流通業の宣伝部および広告代理店にて出版物、屋外広告、印刷メディア等の企画に携わったのち独立。創業当初より医療機関のC.I、広報に着目し、実績を積み重ねる。また、IT時代にも対応してインターネット病医院検索サービス「ザ・総合病院」を開設。

現在、メディカル広報センター代表、わくわくコーポレーション代表取締役。NPO法人 かごしま医療協働ネットワーク理事長、雇用・能力開発機構新規・成長分野企業等支援アドバイザー、鹿児島大学社会人講座・ルネッサンスアカデミー講師、日本ACT学会理事、マンガで鹿児島を元気にするプロジェクト協議会代表、鹿児島県中小企業家同友会理事兼広報委員長など

◎講師、講演歴

MMPG九州地区会福岡県支部「医業経営セミナー」

MMPG九州地区会宮崎県支部「医業経営セミナー」

・島根県保険医協会「若手医師・歯科医師懇談会」

(社)日本経営協会 医療福祉研究会「病院マネジメントスクール」

・鹿児島県森林組合連合会管理職研修会

・鹿児島県漁業協同組合連合会

・鹿児島市「元気の出る中小企業支援事業」レディースアップの会

・鹿児島県JA中央会 上級管理者研修会

・雇用・能力開発機構九州地区 アントレプレナー交流会(熊本)

・日本ACT学会 アニマルセラピスト養成講座

・鹿児島市「鹿児島中央駅前商店街」「栄門通り会」女将さんカレッジ

企画塾(東京)企画教育講師

・宮崎県 医療法人魁成会

・鹿児島県 医療法人緑泉会 米盛病院

・鹿児島県川辺町 医療法人雅集会

・鹿児島市 上原クリニック

・鹿児島県日置市 医療法人謙和堂

・日本システムNSKゼミ

・自社主催「企画創造力強化セミナー」専任講師 ほか

◎セミナーテーマ

・医療機関の口コミ増客法、ブランド力構築法

・マスコミへの上手なアピール法(パブリシティ戦略)

・お客を惹き付ける広告表現の裏技

・インターネットを最強の営業ツールにする法 など

◎著書、執筆、取材歴

・病医院が口コミで評判を高める法(自社出版)

・日本広報協会 月刊「広報」 2003年12月

・日本医療企画 月刊「フェイズ3」 2005年3月

・南日本新聞 探照灯 1998年10月、2001年3月

・KKB鹿児島放送 IT@かごしま 2003年12月

・南日本新聞 医の世界の橋渡し人 2004年2月

病医院のための広報マニュアル発刊 2006年3月

・マンガプロジェクトで新聞、テレビなどの取材多数 2010年1月〜

◎趣味、特技、尊敬する人

読書(特に成功物語が好き)、街角ウォッチング

カラオケ(若い頃歌手を目指したことがある。ナイトクラブで一年ほどステージに立っていました。得意な曲:少年時代、のれん、細雪、長良川艶歌など五木ひろしの大ファンです。せめて55歳ぐらいまでに知人、友人、お世話になった方々を招待してディナーショーを開きたいのが夢でしたが、もうその年齢を過ぎてしまいました。
次なる目標は、97歳でNHKのど自慢に合格することです。これまでの最高齢記録が96歳。)

尊敬する人:稲盛和夫(鹿児島出身,京セラ名誉会長,日本航空会長)、松下幸之助、織田信長(泣いて馬謖を斬らざるを得なかった決断力に敬服する)、それとウチの奥さん

 

ページトップへ

TOPページ当社の基本方針口コミ戦略実践広報マニュアルホームページ戦略ガイドブックマスコミ活用
デザイン戦略制作実績・料金会社案内代表者プロフィール講演・取材医業PRブログお問い合わせ


メディカル広報センター(有限会社わくわくコーポレーション)
〒890-0005 鹿児島市下伊敷1丁目39-24-101
TEL:099-228-5275 FAX:099-228-5435
E-mailinfo@g-hospital.ne.jp